Menu

JAいわて平泉

文字サイズ

農畜産物

野菜

なす

なす

東北有数の夏秋なす産地であり、長卵形の「くろべえ」という品種を作付しています。収穫は全て早朝に行い、鮮度保持に努めています。

出荷時期:6月〜11月

トマト

トマト

半促成、夏秋、雨除けの3つの体系を組み合わせ、長期安定出荷を目指しています。品種は食味のよい「桃太郎」と生理障害の少なく栽培しやすい「りんか409」を栽培しています。

出荷時期:5月〜10月

ピーマン(西洋トウガラシ)

ピーマン(西洋トウガラシ)

トウガラシのうち果実が大きく、辛味がほとんどない品種。ふつう果実は長円形で、頭部が平らになり、縦に溝がある。カロチン、ビタミンCを多量に含む。西洋トウガラシ。

管内の重点品目の一つで、藤沢町を中心にハウス・露地で取り組んでいる。選果・袋詰ともに機械化され、労力の軽減と面積拡大に取り組む一方、規格の均一化で高い市場評価を得ている。

出荷時期:6月〜11月

ねぎ

ねぎ

一本ねぎと曲りねぎの2種類栽培されており、曲りねぎについては柔かく甘みのある品種で「一関特産曲りねぎ やわらか美人」という商標登録がされています。

出荷時期:8月〜2月

胡瓜(キュウリ)

きゅうり

ウリ科のつる性1年草。原産地は東インドといわれ、古くから世界各地で栽培。茎は細く、葉腋に巻きひげがあり、他の物にからんで上に伸びる。全体に刺(とげ)状の毛を密生し葉は長い柄を持ち互生する。

管内の重点品目の一つで、ハウス・露地で栽培されている。大東町では来の味を追求してブルーム(自根)キュウリを栽培。同キュウリは、昔ながらに外気温の上昇によって内部から水分が奪われるのを防ぐため、果皮から白い粉(ブルーム)
を分泌する調整機能を備えている。

出荷時期:3月〜11月

ミニトマト

ねぎ

ミニトマトの名称は果実が普通トマトと比べ著しく小さいことに由来するもの。原産は普通トマトと同じアンデスの高地で、普通トマト及び野生種の双方に深いつながりがある。果色は赤色系や桃色系、黄色系があり、形は球形や長円球形、洋梨(ペア)形に大別される。

軽量作物として導入が進んでおり、管内は岩手県内第5の産地。簡易選別機の導入も進んでいる。

出荷時期:6月〜10月

蕗(フキ)

蕗(フキ)

キク科の多年草。ミズブキ、アイチブキ、アカブキなどが知られ、細い地下茎で繁殖し、茎は短く地上には出ない。葉は長柄をもち根生し灰白色の綿毛を密布する。葉に先立って大型の苞葉に包まれた花茎が生じ「蕗の薹(とう)」と呼ばれ春を告げ、葉柄とともに食用にされる。
 管内では藤沢地域を中心にハウス・露地で栽培されており、種類はミズブキ。出荷時期は4月上旬から7月上旬。ピークは5月中・下旬となる。

出荷時期:4月上旬〜7月上旬