Menu

JAいわて平泉

文字サイズ

JAいわて平泉について

概要

JAいわて平泉のビジョン JAいわて平泉は、「農」を通じた活動を通して、地域に暮らす全ての人々が共に生きる地域農業の姿を目指します。 JAいわて平泉のキャッチフレーズ 大地のめぐみを未来へつなぐ

JAいわて平泉の概要

正式名称  いわて平泉農業協同組合
(通称:JAいわて平泉)
代表者  代表理事組合長 佐藤 鉱一
本店所在地 〒021-0027 岩手県一関市竹山町7-1
TEL. 0191-23-3006  FAX. 0191-21-0242
設立年月日 平成26年3月1日

JAいわて平泉機構図(PDF)

ごあいさつ

地域に貢献するJAづくりを目指します

代表理事組合長 佐藤鉱一

 平成26年3月に合併して以来、早くも4年目に入りました。この間、農業、JAを巡る一層厳しい情勢の中で、「第一次中期経営計画(合併経営3カ年計画)」を基本に、地域農業振興とくらしの活動の進展による地域活性化に向け取り組んでまいりました。特に、各生産部会、青年部、女性部等関係組織の活動が軌道に乗り、また、担い手の所得増大と経営規模拡大等に向け、JAが独自に取り組む支援事業である「黄金の郷づくり推進対策事業」は、当地域の農業振興に一定の役割を果たし、地域の活性化に一歩前進できたものと思っております。

 米生産は、平成26年産米の価格下落から、特に、集落営農組織・法人等大規模経営体ほど主食用米から国が奨励する飼料用米にシフトし、国内全体としても主食用米の価格は回復しつつあります。また、岩手県がフラッグシップ米として開発した新品種「金色(こんじき)の風」は、本年から当地区でも栽培開始になり、先日、JAとして栽培研究会を立ち上げました。今後、「ひとめぼれ」と並んで2大ブランド米としての期待が高まっています。ちなみに、今回、この新品種も食味ランキングで最高評価の特A相当の評価を受けました。

 当JAは、この2月末、「第二次中期経営計画(3カ年計画)」を樹立しました。農業者の所得増大と農業生産の拡大」、「地域活性化と結びつき強化」を重点事項とし、「黄金の郷づくり推進対策事業」を継続し取り組んでまいります。合わせて、昨年11月、当JA管内の一関市と平泉町が、農水省から「もち食文化と黄金の国の原風景」の特徴ある地域として、「食と農の景勝地」の認定を受けました。JAとしてこれに限らず、農商工、行政連携強化の中で、地方創生の一翼を担う、地域に貢献するJAを目指し、取り組んでまいります。

プロフィール(平成29年2月28日現在)

出資金 52.8億円
総資産 1,557.8億円
貯金 1,413.8億円
貸出金 183.5億円
有価証券 157.5億円
購買品供給高 64.4億円
販売品販売高 126.4億円
長期共済保有高 6671.9億円
組合員数 21,512人
役員数 34人
職員数 703人
(職員数は29年4月1日現在)

地域概要

本地域は、岩手県の最南端に位置し一関市、平泉町の1市1町で構成されています。南は宮城県と隣接し、“岩手県の南玄関”として東北新幹線・東北自動車道の主要駅・ICを擁すなど交通の便にすぐれています。

気象については四季を通じ温暖で、波状起伏のゆるやかな山と高原、自然景観に優れた丘陵地が北国の詩情を漂わせています。また、北上川流域をはじめ栗駒山を源流とする磐井川・夏川や金流川流域の平坦地は農業生産の適地として、水田の整備や農地の集積が進められております。